プロミスのお借入診断とは

プロミスのお借入診断とは

 

プロミスのお借入診断をご紹介します。

 

プロミスの公式サイトにあるのがお借入診断です。

 

簡単入力で、プロミスでのお借入が可能かどうか、すぐに審査結果がわかります。

 

お借入診断でお借入可能であると確認できたら、入力内容はそのまま続けてお申込みが可能なので、

 

プロミスの審査が通るか不安な方は、まずはお借入診断を試してみてはいかがでしょう?

 

お借入診断の入力項目は以下のとおりです。

 

生年月日

※対象は20-69歳です

年収(アルバイト、パートの場合、年間の収入)

 

現在のお借入額

※モビット、アコムなど他社からお借入がある場合にはその借入金額を入力ください。
※もし、他社からのお借入れがない場合は「0」を入力ください。
※クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローン等はお借入金額に含まなくて結構です。

 

診断結果は簡易的なものです。
実際のお申込みでは、より詳細な情報に基づいて審査になります。
借入診断でプロミスでの借入が可能となっても、詳細な審査で審査落ちするケースもまれにありますので、了承ください。

 

プロミスの公式サイトはこちらです。
↓↓↓
プロミスで借りる

 

主婦のキャッシングが難しくなったことは真実ですが、

 

融資が受けられる見こみが0になってはいないようです。

 

では、どういった点に気を配ると、主婦がキャッシングできるのでしょう。

 

主婦で自分の収入がない人は、キャッシングは受けづらいものと思われがちです。

 

収入があれば主婦でもプロミスでキャッシングができます。

 

お金を貸してくれる会社は結構あるようです。

 

キャッシングローン会社ごとそれぞれに審査基準が設けられています。

 

主婦であっても、審査を通りさえすれば融資は受けられるのです。

 

審査の焦点にあるのは、月々の安定した収入を得ているかという点にある会社が大半です。

 

金融会社は返済が可能な人にだけ貸したいわけですから、

 

収入がない主婦にとっては厳しい状況であるとはいえるでしょう。

 

ただ、会社によっては正社員としての収入でなくても、安定していればパートやアルバイトでもオーケーです。

 

審査の内容は各キャッシング会社によって違うため、

 

数社に問いあわせれば融資が可能な会社が見つかる場合もあります。

 

実はキャッシング機能のついたクレジットカードも作ることも難しくなっています。

 

自分自身の収入がない専業主婦の場合、どうしても御主人にキャッシングの相談をする必要が出てきています。

 

プロミス即日借りる

 

総量規制対象とは

 

貸金業法が2010年6月に改正になったことは記憶に新しいと思います。

 

それ以降、

 

総量規制対象ということばを消費者金融業界では良く聞くようになりました。

 

それでは、総量規制対象とはどういうことでしょうか?

 

従来カードローンキャッシングの限度額は特に規制がありませんでした。

 

しかし、2010年6月以降に、総量規制されるようになり、

 

キャッシングの限度額は前年度年収の1/3が上限となったのです。

 

つまりあなたの昨年の年収が450万円の場合、

 

キャッシング限度額は150万円に上限が決まってしまったということなのです。

 

注意点として、キャッシング上限金額は貸金業法で規制されるのは

 

信販クレジット系カードローン

 

消費者金融系カードローン(銀行系カードローン)

 

一般貸金業者のカードローン

 

上記全てのの合計額です。

 

他社から50万円キャッシング残高が有るケースでは、

 

例えばプロミスで借りられる金額の残りは100万円です。

 

昨年度の源泉徴収表をご確認のうえ、残り自分がいくら借りれるかをしっかり把握しておくことが大切です。

 

プロミスは他社からの借り入れがあっても審査には大きく影響しません。

 

返済の遅延があると、審査に影響しますので注意してください。

 

つまり、モビットやアコム、アイフル、レイクといった他社大手消費者金融でお金を借りていても、

 

総量規制の対象内であれば、

 

プロミスでも審査通過の上、

 

お金を借りられる可能性があると言うことです。

 

他の消費者金融でお金を借りていたとしても、年収の1/3までであればお金を借りられますので、

 

一度プロミスの審査に申し込んでみてください。

 

⇒ プロミス 即日借りる